教育がどんどんIT化していくことによる教師の不要化とICT教育の重要性

>

ICT教育の意味とICT教育が教育に及ぼす影響

このコラムをシェアする

新しい教育法として注目のICT教育

そしてその動きを更に加速しているのが新しい教育方法ICT教育というものの存在です。
ICT教育とはコンピューター、タブレット、デジタルコンテンツに授業を行わせるというもので教育の完全IT化を意味します。
これによって子供たちがIT環境に常時触れ合うことによって将来グローバル化する社会に適応できるようになるというのが指針となっている教育の方法です。
これにより最終的には教師の無人化も可能な時代がやってくることになり、大きく子供達の学び方というのが変わってきます。
いままでのように詰め込む教育ではなく自分から学ぶ教育に変化していき、より能力の高い人材を育成するといった教育に変わっていくのです。
海外ではすでに導入されている学校も多く、世界中に浸透してきています。

ICT教育とは一体どういう教育法なのか

ICT教育とは一体どのような教育なのかというと情報通信技術を駆使して授業を進めていくという方法で、インターネットが中心となって子供への知識習得をさせていくという考え方になりますので、旧式な教育方法より二歩も三歩も進んでいる授業内容が実現でき、より質の高い人材育成が可能になります。
これによりICT教育が浸透して成熟していくと本当に教師という職業は必要がなくなり、無人でデジタルコンテンツを子供達は見ながら自分で学んでいくという教育に完全に変わって行きます。
世の中の今後のグローバル化に対応するにはこういった教育法が将来的には必要になってくるのではないかと強く感じます。
ICT教育は今後の教育の姿を大きく変え、世界中に浸透していくことでしょう。