ICT教育の重要性

教育がどんどんIT化していくことによる教師の不要化とICT教育の重要性

ICT教育が教育に及ぼす重要な革新性と新しい子供の発掘

最近は学校や教育塾の教育法もずいぶんと変わってきておりいわゆるIT化の波が教育の世界にも押し寄せています。 非常に目立つ例としてはわが国で2020年から小学生にプログラミングの授業が必修化されることになりました。 もう小さい時期からコンピューターを子供に教える時代が来ているのです。

コンピューターが教育の現場を制圧し教師は必要のない職業になる

こうして教育の現場にIT化の世界が入ってくることによって重要になってくるのが今まで教育をしてきた現場の教師の存在です。 IT化が進むことによってITについていけない教師というのが爆発的に増加するといわれており、そういった教師は現場から淘汰され、教師という職業は必要なくなる時代がそこまで来ています。

ICT教育の意味とICT教育が教育に及ぼす影響

現在盛んに注目を浴びているICT教育とは一体どういった教育法なのでしょうか。 分かりやすく言うと教育の中心をIT機器によって行いインターネットで授業をして子供達はノートの代わりにタブレットを使い効率的にデジタル教材を用いて授業を行うというものです。

最近のどんどん進んでいく教育のIT化

最近の教育はIT化の方向へどんどん舵を切っており、コンピューターの導入や小さいころからパソコンに触れさせるなどの学びを詰め込むのではなく自分から学ばせる方向へと大きく変化してきております。
昔は教師が黒板に向かって書き取りをさせ教科書などを使い知識を学ばせたのに対して現在では黒板がディスプレイ、ノートがタブレット、教師がコンピューターとインターネットという時代に世の中は確実に変化してきているのです。
その最たる新しい方式の教育方法が現在各国で盛んに導入されているICT教育という教育方法です。
ICT教育とは一体どのような教育方法かというと、情報通信技術を駆使して教育を行うことつまり、インターネット、タブレット、デジタルコンテンツを使用して授業を行うことを指します。
つまりICT教育が導入され成熟していくと教師という職業の必要性がなくなるということです。
これは教育現場の問題点として盛んに論議されているところですが、子供達より教師の方がIT技術を使えない、知らないために、せっかく最新機器を導入しても教育の質が上がらないという問題が起き始めています。
であれば教師に授業をさせるのではなく、デジタルコンテンツに授業をさせたほうが教育の質が高いということになります。
これでは教師という職業は淘汰されなくなってしまうでしょう。
それほど現代の教育はIT化され進歩しているのです。
このサイトではICT教育の重要性とこれからの教育に及ぼす影響力について調べてみたいと思います。